校章

高津養護学校

全校規模の行事などです

4月20日 弘済会「まりずむん」コンサート

 日本教育公務員弘済会神奈川支部が主催する「チームまりずむん」による「パーカッションとピアノのコンサート」が本校で開かれました。小学部、中学部、高等部の児童生徒達が参加しました。鍵盤打楽器マリンバを中心とした5人の打楽器奏者による演奏で、各種打楽器の紹介や、子ども達なじみの「ジブリ・メドレー」等のリズミカルで大迫力の演奏に、子ども達もノリノリで大喜びでした。プログラムの中盤では、希望する子供達が「まりずむん」の皆さんと一緒にいろいろな楽器を手にして「風になりたい」を演奏しました。最後に生徒会長のお礼の言葉とともに生徒代表達から記念品をお渡しして、感謝の気持ちを表しました。

まりずむん1
まりずむん2
まりずむん3
まりずむん4
まりずむん5
まりずむん6

プログラム

  • サンバベアー
  • 剣の舞
  • プリンク・プランク・プルンク
  • アフリカン・ブルース
  • ジブリ・メドレー
  • 風になりたい (参加コーナー)
  • アメイジング・グレイス
  • エル・クンバンチェロ
  • 情熱大陸

チーム・まりずむん

 2011年に沖縄公演を機会に結成。童謡唱歌からクラシック、ポピュラー、ラテンミュージックなど様々なジャンルにレパートリーをもち、小中学校の鑑賞教室やイベントにて演奏活動中。"まりずむん"とは、マリンバ+リズム+むん(沖縄方言で人や物を表す)を合わせた言葉で、鍵盤打楽器のマリンバを中心に様々な楽器でリズムを打ち出し演奏する、というグループのスタイルを表している。

演奏者プロフィール

篠塚 裕美子(Vibraphone)

  尚美学園短期大学(音楽学部管弦打楽器科)、東京コンセルヴァトアール尚美(音楽社会研究コース打楽器科)卒業。打楽器を塚田靖、マリンバを小川佳津子の両氏に師事。現在、フリーパーカッショニスト兼打楽器講師として活動中。Perc.&Pfユニット『まりずむん』メンバー。株式会社ヤマハミュージックジャパンインストラクター。さいたま市委託部活動指導員。加須市観光大使。 

塩浜玲子(Marimba)

  桐朋学園大学卒業、同大学研究科修了。マリンバを草刈とも子、星律子、安倍圭子、打楽器を小林美隆、佐野恭一の各氏に師事。現在、打楽器アンサンブル、オーケストラ、スタジオ録音、学校公演等で活動。安倍圭子率いるマリンバアンサンブル・ジャパン、マリンバDuo「Wings」、マリンバアンサンブル・ドロップスのメンバーとしてヨーロッパ、アメリカ、中南米、アジアと海外公演も多数行っている。 また、2つのDuoグループ 「塩浜岡地」を2012年、「Wings」を2013年に結成し、CDをリリースしている。

浅子 勝也( Piano )

  尚美学園大学芸術情報学部音楽表現学科作曲コース卒業。成績優秀者による卒業演奏会に出演。作曲を織田英子、川島素晴の両氏に師事。ピアノを水戸部礼子、細田秀一の両氏に師事。音楽教室のピアノ講師を務める傍ら、合唱団やソリストの伴奏、器楽アンサンブル、吹奏楽や合唱、小編成アンサンブルの作編曲などを行っている。音鼓会、Musique jour、まりずむんメンバー。自身が作曲した練習曲が掲載された「吹奏楽のための 新・基礎合奏入門」(大滝実・著 ヤマハミュージックメディア)が好評発売中。

赤羽 一則(Percussion)

  尚美学園短期大学(音楽学部管弦打楽器科)、東京コンセルヴァトアール尚美(音楽社会研究コース打楽器科)卒業。在学中よりクラシカルパーカッションと平行してラテンパーカッションにも興味を持つ。卒業後は打楽器アンサンブルによる学校公演を中心にに参加する他、イベントでの演奏やレコーディング等にて活動中。その他、後進の指導にも精力的に取り組んでいる。Perc.&Pfユニット『まりずむん』主宰。Fl.&Arp.&Perc.ユニット『Afloat』メンバー。その他多数のグループに参加。

染谷太郎(Drums)

  千葉県出身。10歳より打楽器を始める。東京コンセルヴァトアール尚美打楽器専攻卒業。これまでに菅原淳、北野圭威秩、河野玲子各氏に師事。「ロバの音楽座」他、オーケストラ、吹奏楽、各種アンサンブル、劇伴、サポート、ゲスト出演など活躍は多岐に渡る。 ドラムス、コンサート&ラテンパーカッションの他、ニッチと分類される民族楽器をも操り、多彩な音色とバランス感覚を持ち合わせている。 また、株式会社ヤマハミュージックジャパン委託契約講師、審査員、ドラム教室など広く音楽普及に務めている。

ふれあい祭り

2017年度のふれあい祭りの記録です。

2017年度のふれあい祭りのページが開きます。